出店者向け!豊田BIGフリマの価格帯や当日の雰囲気などをまとめてみた

フリマ

こんにちは☆CHIKOです(^^)/

最近フリマアプリが流行ってますね♪

私も某フリマサイトに登録して、不用品の売買をしているのですが、2次元での売買ではあきたらず、リアルなフリーマーケットに出店してみました!笑

 

この記事では、

私が豊田BIGフリーマーケットに出店した時の、様子・客層・価格帯

などをまとめてみました。

 

スポンサーリンク

豊田BIGフリマとは

紙ふうせんという団体が主催しているフリマで1ブース1,400円~出店ができます。

お子さま連れの場合は1ブース500円で出店できます。

ブースは200ブースあり豊田スタジアムのコンコースで行われます。

屋根はあるので雨の心配はありませんが、横壁は開いているので寒い日には上着は必須です。

※出店者は要事前予約

紙風船公式サイト

 

当日のスケジュール・注意点

以下は、私が出店した時の当日のスケジュールです。

朝は余裕を持って出発しよう

初めてで不慣れな場合は余裕を持って出発することをオススメします。

9:30から受付開始となっていますが、受付に出店者の方がズラリと並んでいるので、受付が遅れてしまうと準備の時間がどんどん短くなってしまいます。

事前の準備をしっかり行って、当日は商品を並べるだけにしておくといいと思います。

意外とブースのサイズが小さかったりするので、自宅にてディスプレイのシュミレーションを行っておくのもオススメです☆

 

時間配分を計画しよう

今回の豊田BIGフリマでは開催時間がたったの3時間しかありませんでした。

出店者も買いに来る方もママさんがメインなので、家事との両立を考えてのことでしょう。

たった3時間しかないので、値下げのタイミングを逃すとあっという間に終わってしまいます。

周りの出店者の様子を伺いつつ上手く値下げをして、できるだけ多くの物を売れるようにしましょう。

今回のフリマでは終了の2時間~1時間前に値下げをし始める店舗がほとんどでした。

 

価格帯・客層・商品ジャンルは?

豊田BIGフリマでの価格帯・客層・売られている商品のジャンルなどをまとめてみました。

出店する際の参考にしていただければと思います。

 

どんな物が売られてるの?

全体的にベビー用品・子供服・子供用のオモチャが多い印象。

レディース・婦人服・雑貨・家電を売っている人もいましたが全体の30%程でした。

ちなみに今回は、大人の男性物の商品を扱っている出展者様はいませんでした。

 

価格帯は?

・ベビー&子供服 → 200円~500円
・婦人服 → 500円~1500円
・トミカやフィギュア → 100円~300円
・大きなオモチャ → 500円~3000円

フリマではお客さんが値切り交渉をしてくるのが当たり前なので、実際の売値は上記から2~3割くらい下がる感じです。

 

出店している人は?

お子さんを連れている若い夫婦やママさんが多かったです。

ママ友同士で共同出店している方も多かったですね。

 

客層は?

出店する側としては客層は気になりますよね。

今回の豊田BIGフリマでは、

・お子様連れの夫婦やママさん→約80%
・10~20代前半→約10%
・50~60代の奥様方→約10%

という感じでした。

 

出店してみての感想

初めての出店ということもあり結果はボロボロでしたが いい経験になりました(笑)

商品を手にとってもらえても購入に至るというのはなかなか難しいですね。

みなさん お財布のヒモが固いです(泣)

 

他の出店者様の中には お子さんが呼び込みや接客をしているブースもあったので、子供にとってはイイ社会勉強になるし、集客もできるかもしれませんね♪

豊田スタジアムでのフリマは毎月1~2回行われているので、もし興味のある方は是非出店してみてください♪

 

CHIKO☆