【レビュー】無印のウェットティッシュケースを買ってみた!乾き具合などを検証☆

商品レビュー
読者
読者

無印のウェットティッシュケースが気になっているけど、中身が乾いたりしないかなぁ?

そんな疑問を持つ方に向けて、私が実際に使ってみた感想を紹介します(*’▽’)

 

ちょっと水拭きしたいときなどに、ウェットティッシュって便利ですよね♪

ただ、リビングとかにウェットティッシュをそのままポンッと置くだけだと、生活感丸出しでオシャレじゃないですよね(^^;

 

CHIKO
CHIKO

無印のウェットティッシュケースは500円以下で買えるのに作りもしっかりしててシンプル&おしゃれです☆
記事の後半では夏場と冬場の中身の乾燥具合も検証してみたので参考にしていただけると嬉しいです☆

 

さてこの記事では

  • 無印のウェットティッシュケースの詳細
  • 使ってみて感じたオススメポイントと残念な点
  • 中身の乾き具合

を紹介していきます☆

スポンサーリンク

シンプルな見た目の無印良品ウェットティッシュケース

商品名 ポリプロピレンウェットシートケース
会社 無印良品
価格 490円(税込)
サイズ 約120×190×70mm
CHIKO
CHIKO

さすが無印!
このクオリティーで税込み490円という安さです!

無印 ポリプロピレンウェットシートケース

オススメポイント2つ

実際に使ってみて感じた良かった点と、ちょっと残念だなと感じた点を紹介します☆

無印のウェットティッシュ(税込180円)を入れての使用感です(^^)

もちろん、一般的なドラッグストアやスーパーで販売しているウェットティッシュも入ります。

1、シンプル&オシャレ

シンプルで無駄のないデザイン!

無印だから作りもしっかりしてます。

2、取り出しやすい大きな間口!

間口が広いので、ウェットティッシュがサクサク取り出せます!

残念だと思った点1つ

1、内蓋にパッキンがついてるが、上蓋にはついていない

内蓋にはパッキンがついていますが、残念ながら上蓋と取り出し口との間にパッキンがついていないです。

完全に密閉されているわけではないので、中身のウェットティッシュが乾燥してしまわないか気になりました。

CHIKO
CHIKO

ということで、中身の乾燥具合を実際に検証してみることに!
乾き具合は下記で紹介します。

中身は乾燥する?夏と冬で乾燥具合を検証!

夏は乾燥しにくい

8・9月で湿度が高い季節に検証。

使いはじめて2週間ほど経ってもそれほど乾燥は気になりませんでした!

CHIKO
CHIKO

湿度が高い時期は中身の乾燥はほぼ気になりません☆

冬は2週間ほどで乾燥し始める

2・3月の乾燥の季節に検証。

2週間ほど放置してみたら、1番上の1枚はほぼ乾燥し、2枚目は少し乾燥してしまいました(^^;

やっぱり完全密閉じゃないので、使わないと冬場にはすぐ乾燥してしまいますね。

CHIKO
CHIKO

乾燥する季節は、1番上の1枚はすぐ乾燥してしまいます。
頻繁に使うのであれば問題なさそうです☆

発売当時は入手困難の激レア商品だった!?

ちなみに、発売当時大大大人気で、店舗では完売して入手困難だったようです。。。

オークションでも高値で売買されていたこともありました!

CHIKO
CHIKO

ただ、現在は在庫もあり、お近くの店舗でもネットでも定価で購入できますのでご安心ください☆

まとめ

やはり上蓋にパッキンが無いため、中身の乾燥は気になりますが、こまめに使う方であれば

無印のウェットティッシュケースはとにかくシンプル&オシャレで使いやすいです♪

類似品をネットで探すと1,000円~2,000円くらいするので490円というお手頃価格で購入できるのも嬉しいです☆

楽天やYahoo!の口コミにもありますが、マスクケース・赤ちゃんのおしりふきケース・床拭きシートケースとして使っている方もいるそうです!

ウェットティッシュだけでなくマルチケースとして使えるので、お部屋のあらゆる生活用品を収納して、このケースに統一するのも素敵ですね☆

気になる方は是非チェックしてみてください(*'▽')♪

無印 ポリプロピレンウェットシートケース